貸切バスを利用するメリット

旅行を計画する際、大きなポイントとなることとして移動手段の選択があります。どのような移動手段を利用するかによって、その旅行全体の楽しさにも影響が及ぶ可能性も考えられます。そこでここでは、小規模な旅行から大規模な旅行まで、様々な旅行に利用することができる移動手段として、貸切バスを活用するということについて紹介します。

貸切バスは名前の通り、バスを貸し切って利用するというものですが、運転を自分たちで行う必要はありません。専属のドライバーが運転を行ってくれますので、全員が運転に気を取られることなく、車内でくつろぎながら移動するとこができるメリットがあります。その上貸切バスは、小型のものから大型のものまで種類の幅が広くなっているため、人数に合わせて利用するバスの選択ができます。

10名前後なのであればミニバスなどが適しており、20名を超える場合には小型バスやマイクロバスが良いでしょう。30名近い時には中型バス、40名を超える場合には大型バスが適切なバスの種類となっています。それ以上になる場合は、複数台準備することについても考えると良いでしょう。

貸切バスは車内にも様々な設備が用意されていることが多く、この移動時間をレクリエーションのために使用することができるというのもメリットの1つです。利用することができる設備の一つに、カラオケやモニターなどがあります。

その場合、マイクが用意されていることが多いため、マイクを使ったレクリエーションも可能でしょうから、さまざまな利用方法が検討できます。中型以上のバスになると、サロン設備のようなものが利用できる場合も多くあります。車内でお酒や料理をたしなみながら移動することができるのも、貸切バスの持つ魅力と言えるでしょう。

利用する貸切バスを選択する場合、人数だけではなくもう1つチェックしておきたいのが荷物の量です。身一つで行くような旅行の場合についてはそれほど気にする必要はありませんが、長期間の宿泊になる場合やスキーやゴルフ旅行である場合、どうしても一人ひとりの荷物が多くなります。

マイクロバスや小型バスはトランクがない、または積載量が少ない場合が多いため、こういった場合については人数は十分であっても少し大きめのバスを利用した方が安定して利用できる場合が多くなるでしょう。中型以上になるとトランクのサイズも上がることが多いため、より多くの荷物が置けれるでしょう。